つなしま整体院からのお知らせ
このような症状に

上を向けない首の痛み

上を向けない首の痛み、首のコリの方のお話をお伺いすると、
病院や接骨院に行ってストレートネックといわれたことのある方、結構多いですね。
他にも「スマホ首」「スマホ首コリ」突然痛くなる「ギックリ首」などなど、、

上を向けない首の痛み以外の首の痛み、例えばこのような首のお悩みもどうぞお読み頂き、参考にしてください。

  • 首の痛みが取れないあなた。
  • 首が痛い時、頚椎カラー(首のコルセット)を手放せないあなた。
  • 首が痛くて手がしびれたり、首から肩にかけて違和感があるあなた。
  • 朝、起きたら首が回らない、寝違えをよくするあなた。
  • 首を触られるのが怖いあなた。

上を向けない首の痛みの「原因」といわれている事

ストレートネックとは?

ストレートネックって病気なの?
病院や整骨院、接骨院で「ストレートネック」と言われたら病気なのかな?って思ってしまいますよね。

ストレートネックとは病気ではなく下記のような状態です。

ストレートネック

左が正しい姿勢、いわゆるきれいな首の状態で、右がストレートネックと言われている状態です。首の部分がまっすぐなのでストレートネックと言われております。

誤解されやすいのが「生まれつきストレートネックだから肩こり、首コリが起きやすい、上を向けない」と思われていることです。

重ねて申し上げるとストレートネックは病気ではなく、状態です。

改善することはできます。

ただしご自身のご努力、練習が必要です。

あわせて読みたい
体の歪みをとりたい横浜市港北区綱島の「大川カイロプラクティックセンターつなしま整体院」です。 体のゆがみ、猫背が気になる、歩いたら左右どちらかに寄ってしまう、O脚かも?当院では姿勢、バランスを整え、歩き方、体幹トレーニングをお教え致します。キッズスペース、ベビーベット完備でお子様連れも安心です。...

スマホ首、スマホ肩こりとは?

スマホ首スマホ首、スマホ肩こりという言葉を最近よく聞きます。
長時間スマホをやっていることにより、首こり、肩こりを引き起こすことをいいます。
状態としては上記の「ストレートネック」の状態が長く続いている状態です。
この状態が長く続き、首、肩周りの筋肉が固くなって首コリ、肩こりを引き起こしてしまいます。

上記で「改善できる」と記述しましたが、首が動く仕組み、固くなる原因を知れば、ストレートネックも痛み、コリも解消できます。

このような首コリ、首の痛みを感じた事ありませんか?

上を向けない 首の痛み 首が回らない
  • 首の付け根が痛い
  • 首の付け根から肩甲骨にかけて痛い。
  • 首を曲げる、伸ばすと痛い。
  • 首が痛くて、上を向けない。
  • 首を後ろに倒すと痛い。
  • 首が痛くて、横を向けない。
  • 頭痛がある。
  • 頚椎椎間板ヘルニアと言われたことがある。
  • 病院で「 ストレートネック 」もしくは「 首がまっすぐだ 」と言われたことがある。
  • 寝起きに、首が固まって動かない
  • 耳の裏が痛い。
首の痛み
  • 「 寝違い 」する事が多い。
  • 「 歯ぎしり 」をよくする。
  • 首の前が痛い。
  • 鎖骨の上が詰まった感じがする。
  • 首が詰まっている感じがする。
  • 胸郭出口症候群と言われたことがある。

「首の痛み」”本当”の原因

首はストレートネックだから痛くて上を向けないのでしょうか?
スマホを長時間やっているから、首がこるのでしょうか?

確かに前述のように長時間同じ姿勢、体勢でいることに加え、仕事中の緊張感、ストレスが加われば筋肉が硬直して痛みに繋がります。

ただ骨がどうかなることはまずありません。

交通事故や転倒、落下などによる大きな損傷がない限り、骨が損傷することは考えられなく、多くは頭から首、肩、そして背中にいたるまで硬直しているのが原因です。
首は頭から肩までと考えられがちですが、「首を回す」動作一つとっても、首だけ動かしても首は回りません。

首を回す、上を向く、横を向く動作には背中を含めた、あらゆる筋肉、関節が動いてこそ首を動かす動きができるのです。

よって首だけではなく、肩、背中の筋肉、関節が固まっていたら当然回りにくいのです。

首が痛い、、そんな時は

動かす

前述のように筋肉が固くなるために痛みが出ます。
単純に考えると固くなれば柔らかくすればいいのです。

ではどうやって?

動かすのです!

ではどうやって?

背中をそらす

背中のストレッチ

後ろに振り向く、上を向く動作は首だけでできるものではありません。背中が動いてこそ首が回ります。
まずは背中をしっかりそらしましょう。
ただ伸ばしている時は息を止めずにしっかりと息を吐いてください。
伸ばす時間は息を吐ける時間で結構です。
これを何度か繰り返してください。

肩甲骨を回す

背中を回す1 背中を回す2 背中を回す3

肩甲骨周り、肩も首を動かすために重要なところです。上記の順番でしっかり肩と肩甲骨を動かしましょう。前回し10回、後ろ回し10回位です。
これもしっかり呼吸をしながら行ってください。

首のストレッチ

首のストレッチ1 首のストレッチ2

背中、肩、肩甲骨のあとに実際に痛い「首」のストレッチをしてください。
痛いなあ〜と思うところを上記のようにゆっくりと呼吸をしながら行ってください。
伸ばす時は息をしっかり吐いてください。

呼吸をする

呼吸をする筋肉が固くなる原因でわかりにくいのが「呼吸を知らず知らずに止めて、体に力をいれている」ことです。
上記のようなポーズでゆっくり呼吸しながら
「今のご自身の体を感じながら」
やってみてください。

つなしま整体院では

しんどすぎたらエクササイズやってもなかなか痛みは取れないもの。
そんな時は私達をご利用ください。

当院では 大川メソード・カイロプラクティックの3点アプローチに沿って施術をしています。

「筋肉・関節・生活習慣への3点アプローチ」で

  1. 筋肉:固くなった筋肉を「 深くまで効く!つなしま整体院のトリガーポイント療法 」により、これら固くなった首だけではなく、肩、背中から腰に至るまでの筋肉の深ーい部分までしっかり押圧し、痛みを緩和し、動かしやすくします。
    特に上を向けない場合は気が付かない肩こりの場合もあります。
    動きを見ながらしっかり施術させて頂きます。
  2. 関節:固くなった首回りの関節のみならず、背骨、腰の関節までしっかり動かして滑らかにします。
  3. 生活習慣:首から肩、背中を動かしやすくするストレッチや漸進的筋弛緩法、呼吸法で筋肉の緊張のみならず、首が動きにくくなる大きな原因であるストレスの解消法もお教えします。

何をやっても上を向けない、首の痛みがとれないあなた、横浜市港北区綱島の大川カイロプラクティックセンターつなしま整体院にお気軽にご相談ください。