つなしま整体院からのお知らせ
症例集

ひざのサポーター 20年ぶりに必要なしに

ご来院のきっかけ

ある60代の女性が「腰が痛い」とのことでご来院されました。
お話をお伺いしていると、その方が一言。

ひざだけは触らないでください。もう諦めているので…

ひざが膨れているのが気になっていたので、ひざのサポーターをしていると思い、見せていただいたら膝にこれでもかというくらいのサポーターを何重もまいていました。

経過

主訴の腰が楽になるに従い、少しずつ話を聞いてくれるようになり、「お任せします」の一言でひざを少しずつ少しずつ動かし始めました。
関節はほんの少ししか動かず、根気よく少しずつ無理のない範囲で動かしました。

最初は週に2回から、ご来院7回目からは週に1回通っていただきました。

ひざを少しずつ動かし始めて4ヶ月、一番きついサポーターが少し伸びるだけのサポーターになり、更に1ヵ月後、それが普段の生活ではサポーターなしで痛みが取れ、5か月経過した現在では仕事の時だけ怖いから柔らかいサポーターをするだけになり、普段ではサポーターは必要なく、出来なかった階段の上り下りも楽になりました。

20年ぶりにサポーターなしで歩けるとすごく喜んでくださいました。

ひざは動かしたほうがいいんです!

どうしてもひざが変形していると言われたら、

  • サポーターで楽になる
  • 杖をついたら楽になる
  • コンドロイチン、グルコサミンを飲んだら楽になる。
  • 病院でヒアルロン酸注射をしたら楽になる

と思われがちですが、少しずつでも動かせば必ず楽になります。
そして動かしても大丈夫!動くんだ!思えるようになれば、更に楽になります。
どうか諦めずにご相談ください。

あわせて読みたい
ひざの痛みにサポーターは不要です横浜市港北区綱島の「 大川カイロプラクティックセンタ ーつなしま整体院 」です。 ひざの痛み はひざが変形しているから、年だから、ひざに水がたまったから、変形性膝関節症だからとあきらめてませんか?サポーター、グルコサミン、コンドロイチンは必要ありません。楽に歩ける手伝いを致します。...