つなしま整体院からのお知らせ
このような症状に

坐骨神経痛 足の付け根 お尻の痛み

何処に行っても良くならなかった 坐骨神経痛 、
私たちにお任せ下さい!

お尻が痛い、足の付け根とお尻が痛い、お尻の付け根が痛い、お尻の横が痛い、足の筋肉が突っ張る、太ももの後ろが痛い、しびれる…などなど

時には夜中に突然なんて、きついですね。
実際に病院でそのように診断を受け、説明された方々も多いと思います。

何を隠そう、私自身も中学生の時に椎間板ヘルニアと診断され、入院したこともあります。
入院したものの完治せず、中学生から大学生の間に腰痛、脚の痛み、足の筋肉の突っ張り感に悩まされました。
そしてその後も電気治療や湿布を処方されても、全く効果なし。

そんな時にカイロプラクティックに出会い、楽になり、
体の構造のみならず、自身を取り巻く環境や心理状態も大きく影響することがわかってきました。

実体験した者だからこそ、
辛い方々の気持ち、すごく理解できます。

あわせて読みたい
院長 佐藤親生のもっと詳しいプロフィール病弱な幼少時代       整体やってる人って、健康で体が丈夫なんでしょ? このように思われる方が多いと思いますが、私は全くの逆....

では坐骨神経痛とは何か?なぜ痛くなるの?もう治らないの?早く治したい!
そう思ってお悩みのあなた。
当院の坐骨神経痛の考え方、施術方針をお知らせいたします。
御一読頂き、お役に立てればと思っております。

痛みやしびれの種類は様々です。

下記のような痛み、ありますか?

  • 長時間座るとお尻が痛くなる。
  • お尻が痛い。
  • お尻の付け根が痛い
  • 寝返りをうつとお尻が痛い。
  • お尻が痛くて歩くのがしんどい。
  • 病院で腰の骨と骨の間が狭い、と言われた。
  • 病院や整骨院、接骨院で坐骨神経痛と言われた。
  • お尻をトントン叩きたくなる。
  • 股関節がはずれそうな痛みがある。
  • 現在、妊娠中でお尻が痛い
  • 神経障害性疼痛と診断された。
  • お尻から太ももの裏が痛い。しびれる。
  • お尻から太ももの裏に違和感、重だるさがある。
  • あしの筋肉が突っ張る。
  • ひざの裏が痛い。
  • 百歩ほど歩いたら、しばらく休まないと歩けなくなる( 間欠性跛行 )
  • 足がいつも重い。
  • 足の付け根が痛い。
  • 腰痛で足の付け根が痛い。
  • 太ももの前が突っ張る。
  • 足の付け根とお尻が痛くて、靴下がはけない。
  • 鼠径部が痛い。
  • お尻の横が痛い。
  • 足の付け根の横が痛い。
  • 太ももの横がしびれる。
  • 歩くとお尻の横が痛い。
  • 足の付け根に詰まり感がある。
  • 股関節がはずれそうな感覚がある。
  • ふくらはぎの横がしびれる。
  • 妊婦で足の付け根が痛い。

坐骨神経痛の原因

ではなぜ上記のような痛みが出るのでしょう?
先で書いたように、

  • 椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症と診断された。
  • すべり症と診断された。
  • 椎間板が狭くなっていると言われた。

現在、病院では上記のように診断され、それが原因と思われている方々がほとんどだと思います。
ブロック注射をしたけれども全く効果がなく、中には手術を行うように言われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

当院は病院ではないため、お医者さんに逆らうつもりはないのですが、下記のように椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症と痛みとの関連がないという、根拠に基づいた事実が明らかになってきました。

1995年のボルボ賞(ボルボ賞とは- 腰痛分野の研究についてのノーベル賞とも言われている、国際腰痛学会(ISSLS)における賞のことです)受賞した論文によると、健常者の椎間板ヘルニアは76%、椎間板変性は85%とのことです。
言い換えれば腰が痛くない、坐骨神経痛のない方の76%がヘルニア、85%が椎間板が狭くなっているのです。

そう考えれば椎間板ヘルニアで手術する必要はあるのでしょうか?

ではなぜ坐骨神経痛に?

痛み=骨が原因?と思われがちですが、お尻、脚にはたくさんの筋肉がついています。
例えばお買い物で重たいものを持って長い間歩いたら腕が痛くなりますね。
同じように長く歩いたり、久しぶりに運動したら脚が痛くなりますね。
この時、思うのは「ああ、筋肉痛になっちゃった。」ですね。

でも腰は「腰痛」お尻だったら「坐骨神経痛」と重いネーミングがついてしまいます。
重いネーミングが付いても筋肉が固くなる「腰のコリ」「お尻のコリ」と考えることが出来ます。

トリガーポイントとは?

トリガーポイントって聞いたことありますか?
最近テレビでも坐骨神経痛のみならず、頭痛や様々な筋肉の痛みの原因として紹介されております。

これは「痛みの引き金点」と言われており、例えば図のように痛いのはオレンジ色の部分ですが、実際は☓の部分の筋肉が固くなり、オレンジ色の部分が痛くなります。
「関連痛」と言われることもあります。

つなしま整体院で楽になります!

当院の施術は大川メソード・カイロプラクティックの

筋肉・関節・生活習慣の3点アプローチで

  1. 筋肉:トリガーポイントセラピーの際、上記図のように硬くなったお尻のトリガーポイントのみならず、坐骨神経痛の中には足の付け根の痛み(付け根は前、後ろ両方です)が出る場合もありますので、それらに関連する筋肉をしっかりリリース(柔らかくする)します。
    お尻や脚の付け根の場合は深い筋肉をしっかり押圧して柔らかくしますので、押された感じは痛いと思います。
    でもすごくお尻から脚が軽くなります。
  2. 関節:CMT、関節ストレッチのみならず、マッケンジー療法を取り入れ、
    固くなった筋肉と関節両方を柔軟にします。
  3. 生活習慣の改善:前述のようにじーっとしていることが問題なので逆にどんどん動かせばいいのです。
    施術だけではなく、 動かし方、 エクササイズをお教えいたします。

    あなた自身が「楽になって何々をやりたい、軽い脚でどこそこに行きたい!」を思い続けながら当院で施術を受けて頂ければ、必ず楽になります!

  • 病院で椎間板ヘルニア、脊柱間狭窄症, 変形性脊椎症などの診断を下され, なかなか痛みが取れないあなた。
  • ブロック注射を打ったけれども効果がなかったあなた。
  • 「少し骨の間が狭まってますね」とか、「神経が触ってる」とかお医者さんに言われたあなた。
  • 病院で電気治療やウォーターベッド治療を受けたり、湿布をもらったけど、なかなか改善されないあなた。

横浜市港北区綱島の 大川カイロプラクティックセンターつなしま整体院 にご相談ください。