つなしま整体院からのお知らせ
このような症状に

産後の手首の痛み

手首の痛み

産後の手首の痛みとは?

手首の痛み赤ちゃんを抱っこしたり、お風呂入れたりするときの手首の痛み、お辛いですね。

中には手首を動かなくするほど強力なサポーターをしないと耐えられない方も、、、

ではなぜ手首が痛くなるのでしょうか?

 

原因は?

特に第一子をご出産後、手首が痛くなる方が多く、第二子ご出産後は激減します。
抱っこしている時間が長いと痛くなると思われておりますが、赤ちゃんを仕事で毎日抱っこしている助産師の方には、あまりこの痛みは見られないようです。

ではなぜなんでしょうか?

抱っこの仕方?

よく抱っこの仕方が悪いのかな?とのお話を伺いますが、私はどちらかというと「手から腕の緊張」と考えております。

首が座っていない新生児の頃は、赤ちゃんの頭が動かさないよう、大事に大事に抱っこします。

赤ちゃんを抱っこ赤ちゃんを授かったのも初めて、抱っこするのも初めて。
そんな新米ママさんは当然慣れてないから、赤ちゃんの頭を支える手から手首に緊張が走り、力を入れたまま抱っこしてしまいます。

その状態が長く、そして毎日続くと指から手、腕の筋肉が固くなり、痛くなるのです。

それが二人目以降になったり、赤ちゃんのご出産、お世話を生業にされている助産師の方々は抱っこに慣れており、無駄な力を入れずに赤ちゃんを抱っこできるため、手首の痛みが起きにくいと考えられます。

手首が痛いときは

1、まずはチェック!

手ピストル①痛い方の手でこのようにピストルを作って下さい。
②腕を伸ばして、銃を撃つように手首を上にあげて下さい。
それで手首から前腕にかけて激痛があれば、整形外科に行ってください。
③もしくは下記写真のように手首を曲げて下さい。
手首に激痛があれば、整形外科に行ってください。

ドケルバン病の確認
激痛がない痛みがあり、お風呂に入れば痛みが緩和される方は当院へお越しください。

 

 

2、チェックして大丈夫な方は、、

上記のようにチェックして、手首や手首から前腕にかけて激痛がない方は、先述した通り、親指から前腕にかけて、筋肉がかなり硬直していると考えられます。

手首が痛いと腱鞘炎かな?と思われますが、親指から前腕にかけてしっかりと筋肉を柔らかくしてあげれば、痛みは劇的に改善されます。

サポーターを巻いたり、動かせないほどきつくても、どうにかなります。

当院では

当院では大川メソード・カイロプラクティックの3点アプローチを基に施術をしています。

「筋肉・関節・生活習慣への3点アプローチ」で

  1. 筋肉:指や手首の痛みは、腕や上腕の筋肉、肩、肩甲骨の筋肉をしっかり柔らかくすることが大切。当院ではそれらの筋肉を動きやすく柔らかくします。
    これだけでも手首の痛みはかなり軽減されます。
  2. 関節:筋肉同様、肩、肩甲骨周りの関節も固くなり、手首、親指周辺の関節も動きづらくなっています。これらを関節マニピュレーションという手技でゆっくりしっかりと動かしやすく調整します。痛くないのでご安心ください。
  3. 生活習慣:産後の手首の痛みは休める事も大切。運動した後、そのまま放っておくと筋肉痛がひどくなるのと同じです。手首、腕の「子育てしながらできる簡単なストレッチング」をお教えいたします。

痛いからといってサポータで固めたり、動かさなければ痛みは変わりませんので、少しずつでも動かしてください。