新着情報&ブログ

節から芽が出る

とは私に色々と教えてくれた先輩の言葉です。

つらいことは必ずある。誰にでもある。
それを分かりやすく表に出すか否か。

人生山あり谷ありともいいます。
良いときも有れば、悪い時もある。

上がれば落ちるし、落ちれば上がる。
明日は明日の風が吹く。

つらさを知っているからこそ、小さな幸せをも感じれるのでしょう。

タイトルに戻りますが、節とは

1 棒状の物の盛り上がった部分

2 区切りとなる箇所。段落。せつ。

3 心のとまるところ。…と思われる点。

4 機会。おり。おりふし。

5 結び目

などなどの意味を持つ言葉ですね。

ではここで当院の植物ちゃんをご覧下さい!
今回はパキラちゃん!!


ガッツリと剪定されたにもかかわらず、その「節から芽が出て」います!!


更に数日後にはこんなにも伸びています!!
「剪定」という「節目」にあい、一度は成長を止めましたが、知らぬ間にまた成長をするものです。

人も同じです。
辛い事、悲しい事、壁に当たった時など、嫌なことはあります。
けどそれは「節目」なのです。
そこで一度は立ち止まってもいいのです。
植物のようにしたたかに、人の目に付かなくても、少しづつ成長できる「機会」なのです。

更に下の画像は


7月に体制が変わった時に、患者さんのお子様から頂いた「切り花」です。
普通切り花は花瓶にさして、枯れてしまったら捨ててしまいますよね。

この子(お名前不明)は諦めませんでした。
お花が枯れていくなか、この子だけは元気な色を保っていたので、お水を変えているうちに根っこが出てきました!!!

素晴らしいかな植物!
つらい環境でも根っこを生やして生きようとするのです。
この後、葉っぱは一度落ちてしまいますが、なんと!!

今はこのようになっています!!!
根っこは更に伸びて、新芽がでています!!
名前がわからないから適切な環境にしてあげられないのが悔しいのですが。

皆さんもつらい事があったときは「節目」だと思って、折れることなく、新たな成長のチャンスだと思って前向きに行きましょう!!

 

黒田