院長 佐藤親生 プロフィール

院長 佐藤親生 プロフィール

病弱な幼少時代

佐藤親生 赤ちゃん時代佐藤親生 幼少時代整体やってる人って、健康で体が丈夫なんでしょ?
このように思われる方が多いと思いますが、私は全くの逆...

幼少の頃は泣き虫で病弱。
いつも母の後ろに隠れ、少しのことでビービ―泣いたり、すぐに寝込んだりしました。
極めつけが幼稚園の頃、腎臓の病気で入退院を繰り返し、やっと長期入院から解放され、退院し小学1年生になったと思ったら、また休んだり 学校行ったりを繰り返し、出席日数が足りなくなったほど。

腰痛に悩んだ中学、高校、大学時代

佐藤親生 バスケ部へそんな私も大分の大自然の中で病気を克服し、すくすく大きくなり、中学生になり兄を慕ってバスケ部へ。
そこで初めて「腰痛」を経験しました。

毎日腰が痛くて痛くて、子供3人、舅、姑、父の面倒見ながら、昼間は父の会社で働いていた母にはなかなか言えず。でも我慢にも限界があり、ある日母に、「母ちゃん、腰がいたい....;」と言ったら「子供が何を言うの~~。」と一蹴される始末。仕方がないので、腰が痛いまま中学校の行事である遠足に参加。また片道13キロという、田舎ならではの遠い遠足。どうにか現地についたはいいものの、帰りはついに歩行困難に……。
友達が代わる代わる13キロの道のりをおぶって帰ってくれました。

次の日、病院に行くと「すぐにお母さんに連絡して。」といわれ、その日即入院…「椎間板ヘルニア」と診断されました。
それから私の坐骨神経痛とのお付き合いが始まりました。

高校、大学と進み、坐骨神経痛だけではなく、肩こり、首こり、頭痛が順番に襲ってくる状態が続き、ある週は腰痛、ある週は肩こり、その間を縫って蕁麻疹が出たりを繰り返したので、ある日から開き直り、「今週は何かな?」と楽しみになるようになりました。
小さいころ、母の足の裏や腰を踏み、肩を揉んであげてましたが、そんな経験で母のしんどさがわかった気がしました。
とは言うものの、歩けなく座り込んだり、頭が痛く、歯を抜きたくなるほどしんどく、鍼や電気治療受けても改善せず、店を出たらすぐに痛い。
でも学生の頃シャイ?だった私は鍼灸の先生にそれを言えず、耐えてました。

カイロプラクティックとの出会い

韓国へ留学大学卒業後、すぐには就職せず、バイトしてお金ためて韓国へ留学。
坐骨神経痛、頭痛、肩こりとのお付き合いは続き、たまたま知り合った韓国人の友人にこの話をしたところ、彼は「カイロプラクター」の卵だと言いました。

「かいろぷらくたぁ~~?」

意味わからず、とにかく寝ろと言われ寝たら色々押され、「おお、なんじゃこりゃ。痛い…でもなんかいいかも。。」と思い、起き上がったら楽……。聞くところによると、日本で勉強してるとのこと……ここで人生が決まりました。

「わしもカイロプラクターになる!!」
母もかなりきつい肩こり、腰痛だったので親孝行もできるし、自分の年齢(当時20代前半)でしんどいんだったら、もっとしんどい人はたくさんいるはず。人のために役立つかも…と思いながら…。

でも当時は今のような韓流ブームがあった訳でもなく、その逆で激しい反日時代。
だからこそ日本と韓国の歴史を塗り替える事は出来なくても、民間レベルで韓国語を使って日本と韓国の掛橋になりたいという思いが強く、親が苦しく頼れない状況だったので、韓国で当時禁止されていた外国人のバイトしながら自費留学生活していた私に日本で学校に通えるほどのお金はない。。日本はバブル景気で賑わっているのに。

「まずは最初の夢であった両国の掛橋になる仕事でお金をためる→それからカイロプラクターになる」
そう思い、カイロプラクターへの長い道がスタートしました。

大川カイロプラクティック専門学院を選んだ理由

20代は他の仕事を韓国で行い帰国後、目標であったカイロプラクターになる為、学校を探しましたが、選ぶのに3年を費やしました。資料を取り寄せ、比較しても魅力的に思える学校がなかったからです。
柔道整復師への道も考えましたが頭から「カイロプラクター」が離れず、どうせ技を学ぶなら小規模な学校でも先生と近い距離で学べて、当時二人目の子供が出来たばかりだったので、卒業後にしっかりした進路が決まりやすいところを探してたからです。

そこで目にしたのが学院長である大川泰著「カイロプラクティックほど素敵な仕事はない」でした。
分かりやすい解説に加え、卒業生が直営店を開く事が出来るのも魅力的でした。
一読してこれまで3年間検討した学校の中では一番魅力的でしたが、実際に施術を受けてみない事には、、と思った矢先、前職で時々坐骨神経痛が出ていた私に歩行困難なほど、ひどい坐骨神経痛に…

学校のすぐ近くにある「大川カイロプラクティックセンター五反田整体院」へ施術を受けに行きました。
当時スタッフであった現「壮快カイロプラクティック」院長の松本先生が施術して下さり、びっくり。
まずは「お〜〜!」と感じるほど痛い、でも心地よい。
施術後は、「あ、楽だ、、ちょっと痛み残ってるけど。」
そんな感じでしたが言われるままに最初は少し詰めて通ってたら日に日に楽になって来て、3回目には痛みはほぼなくなりました。
4回目くらいで松本先生が同じ系列の大川カイロプラクティックセンター武蔵小山整体院の院長に就任される事になり、その後は当時五反田整体院院長で現「丸山カイロプラクティック」院長の丸山先生が担当して下さいました。

そして計6回目くらいでは五反田整体院の階段を下りるとき、「足ってこんなに軽かったんだ」と実感するまでに。
そして私の「大川カイロプラクティック専門学院」への入学は決定しました。

カイロプラクターになって思う事

学校を卒業し、同じグループの「大川カイロプラクティックセンターなかのぶ整体院」の高橋院長のところでお世話になり、現場の根本的な考え方、施術からすべてを手取り足取り教えて頂きました。
今の私の原点が学校となかのぶ整体院にあります。
そして2007年「大川カイロプラクティックセンターつなしま整体院」院長に就任し、夢への第一歩を踏み出しました。
そして今年は7周年、8年目に突入です。

この仕事に携わり、よく感じること。
それは皆さん、毎日毎日を「懸命に過ごされている!」ってことです。
会社員の方、専業主婦の方、自営業の方、公務員の方、芸術に携わる方、大会社の偉い方々、学生の方々、みんな頑張りすぎって感じます。「ちーす、こし、マジやべぇ…」って言って入ってくる、一見痛みのなさそうな若い方たちも一旦うつぶせで寝て、体の状態を確認すると、「そんなに肩はって頑張んなくても…」と思ってしまいます。
今から学生時代から会社員時代の自分が様々な痛みに悩まされて来たので、本当に気持ちがわかります。
そんな頑張ってる皆様方が気軽に、そして体が、心がしんどくてどうしようもなく困ったとき、「つなしま整体院に行けば楽になるんだ!」って思って頂けるよう、私をはじめとしてスタッフ一同、誠心誠意、心を込めて施術させて頂きます。

大川カイロプラクティックセンターつなしま整体院

体すっきり つなしま整体院

0455461165

〒223-0053 神奈川県横浜市港北区 綱島西2丁目5−10 コーリン綱島1階

友だち追加数

手すり付き施術ルーム、キッズルーム、ベビーベッド完備です。    

  • ご高齢、足の不自由な方のために、入り口に一番近い施術ルーム、トイレには手すりを完備しております。
  • お子様連れの方のために『キッズルーム』
  • 赤ちゃん連れの方のために『ベビーベッド』を完備しております。.
  • ご予約の際に「 お子様連れ 」とおっしゃって頂ければ、準備してお待ちしております。

初検料割引クーポンはこちら

つなしま整体院への地図

ご予約・お問い合わせ

ホットペッパービューティーからのご予約は
下記をクリックしてください。

bnr-yoyaku-hotp

直接お問い合わせ、ご予約される方は
下記フォームにご記入下さい。

送信後に確認用の自動返信メールをお送りします。すぐに届かない場合は送信エラーが起きている可能性がございますので、当院までお電話ください。
メールフィルターをお使いの方は@tsunashima-seitai.comを受信可能にしてお送り下さいますよう、お願いいたします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご連絡先お電話番号(ご予約の場合、入力必須)

当院へのご来院回数は?
初めて2回目以降

ご希望のコース

ご予約希望日時(当院へのご連絡・ご質問もこちらに入力ください)

上記で送信してもよろしいでしょうか?