つなしま整体院からのお知らせ
整体コラム

腰痛の時にやってはいけない2つのこと

ぎっくり腰や長く続いている慢性腰痛、辛いですね。

赤ちゃんを抱っこしたり、

重たいものを持ったり、

長く歩きすぎたり、

ずっと座りっぱなしだったりすると、

また腰が痛くなるのでは、、と怖くなるときもありますよね。

そんなとき、なるべく腰に負担をかけないよう、腰をかばって動かないようにしたり、少しでも痛かったら冷湿布をしたり、痛み止めを飲んだり、予防のためにコルセットをしている方もお見受け致します。

でも痛くなる場合もあります。

そんなとき、やってはいけない2つのことがあります。

やってはいけない2つのこと

1,寝たきり

2,コルセット

です。

えーーーと思う方が多いと思いますが、そうなんです。

勿論、コルセットをしなければならない危険な腰痛、例えば高齢者の圧迫骨折(コマーシャルで最近流れている「いつの間にか骨折」のこと)やそれ以外の危険な腰痛はあります(下記を参照して下さい:下記に該当する方はすぐに整形外科を受信して下さい。)

危険な腰痛 (直ちに病院へ)横浜市港北区綱島の「大川カイロプラクティックセンターつなしま整体院」です。腰痛には様々な種類がありますが、ここで紹介するのは「 危険な腰痛 」です。このページに掲載されている症状の方は当院や他の整体院、接骨院、整骨院には行かず、直ちに整形外科やその他の専門医を受診してください。...

これら以外の腰痛は寝て痛みが収まるのを待つのではなく、むしろ動かすのです。

ぎっくり腰になった時

ひどいぎっくり腰になった時もそうですが、動かせる範囲で結構ですので、寝たきりではなく、できるだけ普通通りの生活を送って下さい。

ただぎくっとしたばかりの時の「ストレッチ」は効果がないので、行わないようにして下さい。

慢性的な腰痛の場合

慢性的な腰痛の場合、効果的なのは

1,歩く

2,走る、自転車に乗る

です。

要は「動かして下さい」ということです。

それでも歩くのが怖い、走るのなんてもってのほか、、とお思いの方は下記の体操だけでも結構です。

たった3秒でいいんです。

毎日やってみて下さい。

 

このようにお尻に手を当てて、顎を引いて(模型なのでわかりにくいですが、あごを引いて下さい、、)3秒。
これだけで結構です。

東京大学医学部附属病院 22 世紀医療センター運動器疼痛メディカルリサーチ&マネ ジメント講座特任教授/福島県立医科大学医学部疼痛医学講座特任教授)の動画を御覧ください。

腰痛、ぎっくり腰は怖くないです。

是非少しずつ動かして下さい。

つなしま整体院では、、、

とは言っても、ぎっくり腰も慢性腰痛も自ら動かすには勇気がいる、、やっぱり怖い、

そんなあなた、私達にお任せ下さい。

そもそも上記のように動かせばいいという理由には、筋肉や関節が動きにくくなり痛みが出ている場合があります。

当院ではそんな固くなった筋肉、関節を動かしやすくし、痛みを改善致します。

動かすのが怖い方には無理をせず、少しずつ動かしたり、筋肉、関節を柔らかくします。

「あ、こんなに楽になるんだ、もっと早く来ればよかった」

って感じて頂けるはずです\(^o^)/

 

関連記事