つなしま整体院からのお知らせ
今週の一言&からだブログ

果物や野菜の摂取量で乳がんリスクが低下

野菜

今週の一言

つらいことを明るく見ようとするのは、難しいといえば難しいのですが、天然、自然の現象の中にその問題を置いて眺めると、なんとなくホッとするところがあるんです。

まど・みちお

今週の健康情報

果物と野菜を毎日たくさん食べる女性は、少ない女性に比べて、乳がん、特に悪性腫瘍リスクになるリスクが低くなるという米国ハーバード大学からの研究報告がありました。

この研究では、これまで言われてきた食物繊維含量より、抗酸化物質や別の微量栄養素が重要であるとのことです。

「果物と野菜の豊富な食事は他にも多くの健康効果があるけれども、我々の結果は、女性にとって更なる利益をもたらすものだ」と主任研究者のヘザー・エリアセン准教授は語っています。


女性の方々は男性に比べて、野菜や果物を好んで食べられる傾向にありますね。

私は結婚するまで果物を買って食べることはしませんでしたし、野菜もキャベツくらいしか買って食べませんでした。

でも結婚してからは野菜、果物の摂取量が多くなり、それまで荒れていた手の皮膚がよくなったのを思い出しました。

野菜、果物には色んな効果があるんだなぁ~と思った記事でした。